住宅ローンの返済滞納により住宅が差し押さえられそうな場合には、任意にて不動産売却をしましょう。これを任意売却と言います。そもそも住宅ローンの影響で自宅が差し押さえられ処分されても、住宅ローン自体がなくなるわけではありません。差し押さえが執行されれば競売にて自宅は売られ、その金額を住宅ローンの返済に充てられます。しかし売った金額をローンに充てても、まだローンが残った場合に関しては返済義務が続きます。そのため、出来るだけ高い金額で自宅を売ることが求められるのです。そこで任意売却です。競売は市場価格より安く買われてしまいますが、任意で売れば市場価格に沿った金額で売ることができるため、その分ローン返済の負担が減らせることになります。手続きの手間はありますが、返済リスクを減らしたいと思うのなら利用してみましょう。

不動産の売却時の依頼

不動産の売却を不動産会社に依頼するには、初めて依頼する場合は、3か月から半年は、専属専任といって、1社に依頼した方がよいです。査定で出す金額は、おおよそ3か月を目途に売れるであろう金額です。はじめから、数社に依頼されると、広告費用、調査費用だけ使って、他社で決められると無駄になるため、どうしても専属専任の物件の方に力が入りがちになるからです。ただ、半年以上経っても、売れる気配がなく、何の報告も相談もない不動産会社は、やめて、他に依頼し直しましょう。数社に依頼する場合は、売り出し価格は、揃えるのが一般的です。空家であるなら、各社に鍵を預けておいた方が、柔軟な対応ができます。ただ、数社が鍵も持っていると、電気のつけっぱなしや鍵の閉め忘れなどが発生した場合、責任の所在があいまいになりますので、要打合せが必要です。

不動産売却の相談について

もしも、不動産売却をしたいと考えた場合には、専門業者への依頼が必要となります。相談をすることによって必要となってくる書類などを揃えることも可能となります。書類の準備だけでもかなりの時間がかかってしまうこともあるので、先に必要なものが分かっていれば、迅速に対応をすることが出来るようになるのです。今は専門業者の数も増加をしていますし、地域密着型の不動産業者の中にも相談に応じてくれるところもあるので、任せてみるのも良いです。価値について事前にチェックをしておきたいと考えた場合であっても、査定をしてくれることがあるので、安心できるようになっています。細かい部分についても対応してくれるところがあるので、出来るだけ色々な専門業者に相談をしたり、オンラインで相談を受けているようなところを探してみるのも良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です